楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

千葉の停電 マザーは20日まで休園、シーワールドは通常営業

19/09/13

9日早朝に東京湾から千葉市周辺に上陸した台風15号の影響で、12日昼現在、千葉県内の広い範囲で約20万軒が停電している。

明日から秋の3連休第1弾。千葉県方面へのお出かけを予定している人も多いはず。観光施設の営業状況は確認が必要だ。

富津市のマザー牧場は停電のため9日から営業を休止している。ウェブサイトによると20日までの臨時休園を決めている。

鴨川市の鴨川シーワールドは、台風が上陸した9日は臨時休業したものの、停電はなく、以降は通常営業している。

勝浦市のかつうら海中公園も台風による被害、停電はなく、海中展望塔を含め、通常営業している。

ホテルは、鴨川シーワールドに隣接する鴨川シーワールドも通常営業。

近隣の鴨川館は、9日は臨時休業し、10日からは営業を再開した。広報の武田大介さんによると、10日からは停電復旧工事の作業関係者が多く宿泊し、13日以降、一般旅行者の宿泊が増えている状況だ。

3連休の宿泊について、停電に関する問い合わせはあるものの、キャンセルにはつながっていないようだ。

鴨川館では12日まで地域住民に大浴場を無料で開放した。

同様に、鴨川ホテル三日月とグループの勝浦ホテル三日月も、通常営業しながら、周辺住民に大浴場を無料開放している。

両ホテルは周辺で停電が続いている場合は、3連休中も大浴場を開放する。時間は、鴨川店は14-21時、勝浦店は15-21時まで。宿泊客には、理解と協力をお願いする。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ