楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今だからできること 森野茂さん(京旅協理事長)が知床一周

京都府旅行業協同組合の理事長で、アルファトラベル社長の森野茂さんがシーカヤックで知床半島一周にチャレンジ、見事成功した。日本国内では数少ない手つかずの自然が残る半島を4日間かけて人力のみでぐるりと一周。アドベンチャーツーリズムであり、エコツーリズムの最前線の体験は「環境に負荷をかけない持続可能な観光として、今後の旅行事業に生かしたい」(森野さん)と強く思ったという。

知床半島一周は、一般社団法人JARTA(高山傑代表理事)の企画したツアーに参加し実現。羅臼からウトロまで約70キロをシーカヤックで移動したもので、すべてテント泊で自炊、もちろん携帯電話もつながらない。北方領土を目前にし、知床岬ではオホーツク海と太平洋で海の色が劇的に変わる瞬間も見た。途中、ヒグマにも遭遇した。

ツアーを企画したJARTAは、持続可能な観光を実践する「責任ある旅行会社アライアンス」として2018年に設立。地域観光を後方支援し、価値観を共有する来訪客を中心としたブランディング、集客、観光地・サプライヤー・地域住民・自治体・DMO等の観光協会との対話を通した持続可能性の強化などを目的に活動する。特に、国連が定める2030年の持続可能な開発目標(SDGs)に向けて、健全な地域づくりのための旅行を旅行会社として提案していくとしている。

森野さんは「初日は荒波の洗礼を受け、どうなることかた思いました。素晴らしい大自然だった一方で、海岸にはプラスチック製品が打ち上げられている現実も見ました。時間があるコロナ禍だからこそ実現できた貴重な体験でした」。また、4日間の体験を通じてこうも話す。「コロナ禍を経てマスツーリズムの限界も感じています。知床のような地域が「観光公害」にさらされてはなりません。これから旅行会社としての役割を考えされるきっかけにもなりました」。

シーカヤックで知床半島を一周

シーカヤックで知床半島を一周
(森野さん提供)

テント泊で自炊

テント泊で自炊
(森野さん提供)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ