楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本海美食旅開幕へ 新潟県旅館組合がガストロノミー試食会

19/09/20

新潟県旅館ホテル組合と新潟6旅連は9月18日、東京・京橋の明治屋ホールで「にいがたお宿のガストロノミー お宿の晩ごはんメディア発表会&試食会」を開いた。

10月1日から始まる新潟・庄内DC(デスティネーション・キャンペーン)に弾みをつける。

地域に根差した「にいがた晩ごはん」を発表

ガストロノミーは、美食学とも訳されるが、食を通じて、地域の歴史と文化を味わう知的な食の旅として、世界的に注目されている。

旅館組合では、これまで県内旅館ホテルの食のプランとして「にいがた朝ごはん」「にいがた地酒の宿」を通年で展開しているが、今回のDCのテーマ、「新潟・庄内ガストロノミー 日本海美食旅」に合わせ、新たな食のプランとして、各地域に根差した各旅館独自の「にいがた晩ごはん」への取り組みを開始した。県内約100軒の旅館ホテルで提供する。

新潟県旅館ホテル旅館「お宿のガストロノミー委員会」の柳一成委員長は「新潟は、秋の収穫真っただ中です。秋の新潟でローカル・ガストロノミーを味あってもらいたい。食を通じて、地域の物語を楽しんでほしい」と来訪を呼びかけた。

同組合では、ウェブサイトで朝ごはん、地酒の宿、晩ごはんの3つのプロジェクトに参加している旅館ホテルを紹介している。

にいがた朝ごはん、晩ごはんをコシヒカリで召し上がれ

試食会には、炊き立ての新潟コシヒカリを中心に、みがきにしんの糀漬け(麒麟山温泉)、3年漬けたふぐの子の粕漬(佐渡)、棚田鍋(松之山温泉)、メギス天日干しの炙り焼き(鵜の花温泉)など、17旅館ホテルの自慢料理と、地酒が並べられた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ