楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

横浜市、横浜都心部で海・川・水上交通を楽しむ「横浜クルーズ2019」開催

19/10/08

横浜市は10月8日、「秋たけなわ!横浜クルーズ」と題して、10月中旬から11月上旬の土曜日及び日曜日に横浜浜都心部のイベント開催地をつなぐ船を航行する社会実験を実施すると発表した。社会実験では、 多くのイベントが開催される秋の時期に大岡川から内港地区にかけてのイベント開催地付近の桟橋を船でつなぎ、 観光時などの移動手段としての水上交通の活用の可能性や、 その事業性の検証を行う。

秋たけなわ!横浜クルーズ「横浜はイベントが盛りだくさん。お目当てのイベント以外にも、 横浜の新たな魅力が見つかるイベントがあるかも。 せっかく横浜に来たらいろいろなイベントをのぞいて、 一日まるっと横浜を楽しんでみてはいかがだろうか。 今年の秋の横浜ではイベントをつなぐ船が出艇。 船からゆったり横浜の景色を楽しみながら、 イベントをはしごすることができる。 横浜を海から、 川からも楽しんでこそ横浜のフルコースだ。秋の一日を満喫しよう」と横浜市。

詳細は、 ホームページ( http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/hottopics/ookagawa/ )をご覧ください。

(1)主催

よこはま都心部水上交通実行委員会

(2) 横浜都心部において開催中の主なイベント(かっこ内は開催場所)

ア 横浜オクトーバーフェスト2019(横浜赤レンガ倉庫)
イ ラグビーワールドカップ2019TMファンゾーンin神奈川・横浜(臨港パーク)
ウ 大岡川ひかりの川辺2019(京急「日ノ出町駅」近く 旭橋~黄金橋)
エ 黄金町バザール2019(京急「日ノ出町駅」から「黄金町駅」間の高架下スタジオ等)
オ NIGHT SYNC YOKOHAMA(新港中央広場ほか)
カ スマートイルミネーション横浜2019(象の鼻パーク)
キ 横浜音祭り2019(横浜市内全域<横浜の”街”そのものが舞台>

(3) 社会実験の実施日

10月中旬から11月上旬の土曜日及び日曜日
10月12日(土)、 13日(日)、 19日(土)、 20日(日)、 26日(土)、 27日(日)及び11月2日(土)、 3日(日)

(4) クルーズ

ア トワイライトクルーズ

日ノ出町と象の鼻パークをつなぐ、 夜のクルーズ。 夕暮れから夜にかけて、 美しい横浜の景色を川や海から楽しむことができる。

トワイライトクルーズ

(ア) 航路 横浜日ノ出桟橋⇔象の鼻パーク
(イ) 料金 大人1,000円、 小学生以下500円
(ウ) 運営会社 京浜フェリーボート株式会社
(エ) 使用船舶 かなもえ号
(オ) 運航頻度 1日2往復 計4便

イ デイタイムクルーズ
横浜赤レンガ倉庫や、 臨港パーク近くのぷかり桟橋をつなぐ昼のクルーズ。

デイタイムクルーズ

(ア) 航路 横浜日ノ出桟橋⇔横浜赤レンガ倉庫、 横浜日ノ出桟橋⇒ぷかり桟橋
(イ) 料金 大人1,000円、 小学生以下500円
(ウ) 運営会社 株式会社ケーエムシーコーポレーション
(エ) 使用船舶 シエスタ号
(オ) 運航頻度 1日計5便又は3便(日によって異なる。 詳細はホームページまで)

(5) 乗船方法

ア 事前予約
ホームページにて案内している予約フォームから申し込める。※クルーズによって、 申込みフォームが異なりますので要注意。
イ 当日乗船
当日乗船所において受付を行う。なお、 予約の人が優先。

<問い合わせ先>
横浜市都市整備局都心再生課地域再生まちづくり担当課長 井波 昭彦
電話:045-671-4246  FAX:045-664-3551
メールアドレス: tb-tosai@city.yokohama.jp

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ