楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

静岡市由比港で桜エビの水揚げ 2年ぶりの秋漁で活気

19/10/25

静岡県の駿河湾で10月23日、2年ぶりに桜エビの秋漁が行われ、翌24日、静岡市由比港には2・5トンが水揚げされた。

待望の初セリで港には活気が

桜えびは、世界中で駿河湾と台湾でしか獲れない貴重な水産資源であり、そしておいしい。秋漁の桜えびは殻が柔らかく、甘いのが特長だ。しかも、生の桜エビを食べられるのは静岡市でだけということもあり、漁期には県外からも多くの客が訪れる。

ただ、桜えび漁は2018年春以降不漁が続き、個体数の回復を図るため、秋漁が見送られていた。夏に行った産卵調査で卵数が漁の目安を上回ると推計されたため、2年ぶりの秋漁となった。

由比港漁業協同組合の宮原淳一組合長は、「漁業者の努力などの甲斐もあり、2年ぶりの秋漁ができて嬉しい。引き続き桜えびの資源管理と、安定的な漁の両立を実現して参ります」とあいさつした。

夜に行われる桜えび漁は、水揚げされたばかりの新鮮な状態で翌朝に出荷される。由比港の「浜のかきあげや」をはじめ、静岡市内では多くの飲食店でとれたての生の桜えびが食べられる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ