楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京ステーションギャラリー、4月18日から「神田日勝 大地への筆触」企画展開催

20/01/16

東京ステーションギャラリーは4月18日、企画展「神田日勝 大地への筆触」を開催する。最新の研究成果も反映し、日勝の全貌に迫った内容を披露する。6月28日(日)まで。

パンフレット

十勝の大地で農業をしながら制作を続けた神田日勝(かんだにっしょう・1937-1970)。その没後50年を記念した同展は、東京での42年ぶりの本格的な回顧展となる。

日勝は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」の山田天陽のモチーフとなった画家。馬や労働者を力強いリアリズムで描いた作品で知られるが、一方で同時代の美術にも敏感に反応し、多くの新しい試みを行っている。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ