楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スカーレットで注目の滋賀 2月1日から東京中心に食のフェア

20/01/30

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台、信楽に多くの観光客が訪れている滋賀県。滋賀県は2月1-29日、主に東京のレストラン14店舗で、「滋賀の食材 首都圏メニューフェア」を行う。

料理人が琵琶湖を訪れ産地を体感

滋賀県産の食材の認知度向上と販路拡大を目的にしたイベントで、昨年の夏に続いて2回目。首都圏の料理人が県内の産地を訪れ、生産者を通じて食材の特徴や地元の食べ方を知った上で、各店で食材の魅力を引き出したメニューをつくり提供する。

今回、各料理人が産地を回って選んだ食材は、琵琶湖ならではの冬の味覚「氷魚(ひうお)=アユの稚魚」と「ホンモロコ」や、冬の伝統野菜「日野菜」「赤丸かぶ」、甲賀忍者にちなんだ「忍ねぎ」など、滋賀ならではの冬の食材10 品目。

琵琶湖特産の氷魚

日本橋にある滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」や、根・井伊家ゆかりの地である紀尾井町の万ん卯、叶匠壽庵、赤坂プリンスクラシックハウスのほか、竹橋や東京ミッドタウンなど14店舗が、滋賀の食材を使った料理を提供する。

価格は1500円程度のパスタから、和食コースの12000円程度まで。

フェア参加のレストラン一覧

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ