楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

学生が動画で伝える瀬戸内の魅力 せとうちDMO、松山大学、ユニリーバらと観光促進PJ

20/06/06

せとうち観光推進機構と瀬戸内ブランドコーポレーションでつくるせとうちDMOはこのほど、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングと松山大学、瀬戸内サニーと共同で、商品の売り上げの一部を同大学の観光促進活動へ寄付するというプロジェクトを始めた。産官学で瀬戸内の観光活性化へつなげたい考え。

プロジェクトは「わたしの好きな瀬戸内―学生が伝える地元の魅力」で、同DMOと同大学経営学部の河内俊樹准教授のゼミが展開する瀬戸内の観光活性化への取り組みの一環。ユニリーバの商品「ダヴ ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア 瀬戸内限定品」の売り上げの一部を取り組みの原資として寄付する。

同大学では、瀬戸内サニーが動画制作を支援し、学生が企画制作した瀬戸内の魅力を発信する動画を作成。ウェブサイト「わたしの好きな瀬戸内」(https://www.setouchi-bc.co.jp/dove)内で公開する。商品のパッケージにサイトへアクセスできるQRコードを表示するなどして連携を図った。

動画第1弾は、商品のパッケージに描かれたイラストを制作した愛媛県立松山南高校砥部分校の生徒への同大学の学生によるインタビュー。今後も瀬戸内観光の魅力を伝える動画を公開していく。

わたしの好きな瀬戸内

「わたしの好きな瀬戸内」サイト画面

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ