楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京オリパラのホストタウン受入環境整備を支援 観光庁が第3期公募開始

20/08/24

観光庁は8月21日、来年開催される東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンなどのインバウンド受入環境の整備を支援する「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金(ホストタウン等緊急対策事業)」の第3期公募を始めた。

対象となる地域は、ホストタウン登録か選手村がある自治体。基本整備メニューとして地域での観光案内標識の多言語対応や無線LAN、キャッシュレス決済環境などについて支援する。飲食店や小売店ではインバウンド対応を重点的に支援する。基本整備を整える見込みもしくは完備されている場合に支援可能な追加整備メニューは、多言語翻訳システム機器の整備、多様な宗教・生活習慣への対応力の強化、段差解消等の移動円滑化について。

補助率は補助対象経費の3分の1以内。

申請は、「ホストタウン等緊急対策事業受入環境緊急整備計画書」を10月30日までに地方運輸局など窓口に提出する。随時審査を行い、事業計画額の累計が予算の上限に達した時点で公募を終了する場合がある。

詳しくは、観光庁の当該ウェブページ(https://www.mlit.go.jp/kankocho/page06_000210.html)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ