楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ウィズコロナ時代の観光を 京都市観光協会、観光回復へのロードマップを策定

20/07/17

京都市観光協会は、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた観光産業、需要の回復に向けた事業展開のロードマップを策定、7月14日に発表した。観光事業者が新しいニーズに対応した事業を展開できるようにまとめたもので、「新しい生活様式」に対応しながら「ウィズコロナ時代」の新しい観光ブランドを構築していく。

ロードマップでは、宿泊客数の一定水準までの回復が目標。具体的には同協会発表の月間平均延べ宿泊客数を指標とし、日本人観光客は今後、国内旅行への需要集中を予測してコロナ以前を上回る月約25万人泊の一時的な突破を目指す。外国人観光客は当面、月約20万人泊を目標とする。

ロードマップにおける事業展開では、ウィズコロナ時代を意識した4つ「D」の考え方を念頭に置く。「Distance Management(衛生対策、旅マエ体験の充実による社会的距離適正化)」「Digital Management(デジタル技術の活用推進)」「Demand Management(需要の分散化、ロイヤリティの高い観光客への資源集中)」「Delivery Management(地域住民や在日外国人などを起点にした情報の伝達)」の4つのマネジメントを基軸に、コロナ以前の課題も盛り込みながら事業を展開していく。

事業スケジュールは、今後予測される市場環境から4段階で整理。第1段階は「Go Toキャンペーン」開始後までの「国内観光の復興期」で、日本人延べ宿泊客数を月10万人泊まで戻す。第2段階は「Go To」で需要喚起が進んだ「国内観光の隆盛期」で、日本人延べ宿泊客数目標は月約25万人泊。以降、第3段階「アジア圏を中心とした国際観光の再開」、第4段階「全世界的に需要が復活」のインバウンド復活への流れと進んでいく。

あわせて7月15日には、同協会の呼びかけに応じた、花街や観光施設、小売、旅館ホテル、飲食、運輸など市内の観光関係23団体と連携して、新型コロナ対策のガイドラインを策定。住民や観光客、観光従事者の安心・安全と、京都のおもてなしのが調和した新たな京都観光の創出を図る。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ