楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

夜の福知山城でプロジェクションマッピング 10月1日から「福知山ナイトツーリズム」展開/京都

20/09/25

京都府は地域の文化財を生かして夜の観光素材を創出する「ナイトツーリズム促進事業」を実施する。第1弾は福知山市での「福知山ナイトツーリズム−福知山の夜をあそびつくす」。大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀が築いた福知山城を軸に、多彩な夜のイベントを実施。宿泊・周遊需要を喚起し、コロナ禍で沈んだ地域経済に復活の灯りをともす。

事業は府や市、海の京都DMO、福知山市の各団体らが共催。福知山城のライトアップやグルメイベントを催し、市内外からの来訪を促す。

「福知山イル未来と(いるみらいと)2020−明かき光(あかきひかり)」は10月1日−11月3日に開催。「福知山の歴史・文化と現代アートの融合」をテーマに、福知山城を映像・空間ディレクターの三谷正さんの総合演出によるプロジェクションマッピングで演出する。光秀の治水対策をはじめ市の歴史や文化を表現するという。

福知山城

福知山城本丸広場のプロジェクションマッピング
(イメージ)

時間は18−21時。9月26日に試験点灯、10月1日に点灯式を行う。

「ザ・ワンダーナイトパーティー」は「福知山イル未来と」期間中に3つのイベントを開催。まちづくりについての講演と福知山の味わい、交流を楽しむ「ルーフトップサロン」を10月1、10、17日に、移動屋台が夜の福知山城下をめぐるグルメイベント「ナイトホッピング withナイトホッパーズ」を10月17日に、雑貨や飲食店が集うマルシェ「ナイトワンダーマーケット」を10月24日にそれぞれ開く。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ