楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“天下分け目”の合戦を体感 「岐阜関ケ原古戦場記念館」が10月21日オープン/岐阜

20/09/28

岐阜県は10月21日、関ケ原町に「岐阜関ケ原古戦場記念館」をオープンする。“天下分け目”の一大合戦の舞台で、戦いの全ぼうを様々な展示で伝える。

合戦が行われた1600年から420年の節目でのオープンとなる。これまで同町には合戦を伝える拠点施設に乏しかったが、近年合戦を生かした観光まちづくりが本格化。今回の記念館で待望の拠点施設が備わった。館長は歴史学者の小和田哲男・静岡大学名誉教授が務める。

岐阜関ケ原古戦場記念館

岐阜関ケ原古戦場記念館外観

1階のグラウンドビジョンでは人気講談師の神田伯山さんの語りで東西陣営の全国に及んだ戦いを俯瞰、シアターでの戦いの大迫力の映像も通して合戦の全体像を学ぶ。

2階では、この地に伝わる資料を展示する常設展示室。合戦に関する武将の肖像画や古文書、武具などが並ぶ。武具を触ったり、兜をかぶっての記念撮影、武将と一騎打ちに挑めるVRアトラクションなど戦国体験コーナーも。

5階の展望室からは関ケ原の町並みを一望。合戦の舞台へ思いを馳せる。

開館時間は9時30分―17時。月曜、年末年始休。一般公開は10月22日。

入館料は一般500円。団体割引あり。コロナ対策のため入館には事前予約が必要。詳しくは公式HP(https://sekigahara.pref.gifu.lg.jp/)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ