楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新しい観光スタイル ひがし北海道DMOが大阪で説明会(2) ひとり旅、ワーケーションで需要開拓

20/10/29

阿部誠事務局長は「コロナを越えてどのような観光スタイルをとるか、お示ししたい」と、DMO独自のマーケティング調査を交えてプレゼンテーション。

その中で、自然の豊かさを前面に「ソーシャルディスタンスなフィールド」としてのひがし北海道が一定以上の認知度、好感度を得ているとし、自然志向にプラスした食、野生動物などの地域ストーリーを盛り込んだ商品化に可能性を見い出しているとした。

また、コロナ禍の最中に行った約1千サンプルの調査結果に基づき、ひがし北海道のターゲットを「自然志向のヘビーリピーター」「海外旅行の振替層」「ひとり旅」の3つのセグメントが有望であるとした。「海外旅行ができない今、国内最長距離の旅先としてアピールし、海外では当たり前の1日ガイドや美食を強調した富裕層向けの商品展開が考えられます」。「ひとり旅は、今まで見落としていたマーケットでしたが、20代と60代の男性が『早く旅行に行きたい』と思っており、当地の観光船の乗船客の傾向からも裏付けられています」と話した。

さらに、コロナ禍中にDMOではMaasの拡大に注力してきたとし「民間、観光協会、旅館ホテルが運行するバスを一元的にネットワーク化しています」とし、ひがし北海道の2次交通のフリーパスに挑むとした。

ワーケーションについても、ひがし北海道でのワーケーション志向の高さをエビデンスに、十勝・帯広地区を核にネットワーク化していくと宣言。阿部事務局長は「旅行会社の皆さんと知恵を出し合い、ひがし北海道の新しい観光スタイルを構築していきたい」と意欲を示した。

(前の記事)新しい観光スタイル ひがし北海道DMOが大阪で説明会(1) 自然に付加する価値提案

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ