楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新しい観光スタイル ひがし北海道DMOが大阪で説明会(1) 自然に付加する価値提案

20/10/29

ひがし北海道自然美への道DMO(上野洋司会長)は10月20日、大阪市北区の大阪東急REIホテルで観光素材説明会2020を開いた。従来春に開催していたが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い半年間延期。ウィズコロナ、アフターコロナ期におけるひがし北海道観光について「ひとり旅」「ワーケーション」などを掲げ、新しい観光交流のフィールドとしてアピールした。

説明会には、旅行会社や航空会社など12社約20人が出席。DMOのプレゼンテーション、ひがし北海道エリアのホテルや行政、観光施設関係者約40人との商談が行われた。

冒頭のあいさつで、上野会長は「春からコロナ旋風が吹いています。私たち観光産業は人が動くことによって発生する経済です。外出自粛要請が解除され、ガイドラインに則してしっかり対策をとり今までの挽回をしましょう」と呼びかけ、民間調査で都道府県魅力度ランキングが12年続けて北海道が断トツの1位であることから「旅行社の皆さんにとっては安定したデスティネーションです。2次交通整備も積極的に取り組んでおり、お客さんが移動しやすい環境下で旅行商品化をお願いしたい」と話した。

ひがし北海道自然美への道DMO

「2次交通整備に取り組んでいます」
と話していた上野会長

(次の記事)新しい観光スタイル ひがし北海道DMOが大阪で説明会(2) ひとり旅、ワーケーションで需要開拓

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ