楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

群馬県 年末年始の主要温泉地宿泊者は前年比で6割減

21/01/18

群馬県は1月8日、年末年始(12月29-1月3日の6日間)の県内主要温泉地の宿泊者数と全スキー場の利用状況を発表した。

それによると草津温泉など主要9温泉地の宿泊者数は6万8千人で前年に比べ約6割減少した。

県では「新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛要請、Go To トラベル事業の一時停止、年末の大雪の影響等によるものと考えられる」としている。

主要9温泉地は草津、水上、伊香保、四万、万座、老神、磯部、やぶ塚、猿ヶ京の9温泉・温泉郷。前年比で7割減、6割減の温泉地が多かった中で、草津温泉は唯一5割減にとどめている。

スキー場は草津、嬬恋、片品、水上、その他地域の5つのエリアに分け利用者を集計した。年末年始の利用者は14万1千人で、前年に比べ2割台の減少だった。

水上高原スキーリゾート

県では「特に、草津、嬬恋、片品の各地区は、Go To トラベル事業の一時停止の影響からスキーを目的とした宿泊客のキャンセルにより、利用者数が減少した」としている。

水上地区の利用者は3万6千人と前年を5%程度上回ったが、前年は雪不足のため利用者が2割程度減っていた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ