楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

農家と連携で地域資源循環サイクルを次世代へ 黒川温泉旅館組合、南小国産あか牛の試食会を実施/熊本

21/02/02

熊本県・黒川温泉観光旅館協同組合は2月20―21日、地元南小国町の特産であるあか牛を温泉街で試食する「“南小国あか牛”テイスティング」を開く。地元あか牛農家と連携して地域一体であか牛を中心としたまちづくりのシステムを次世代へつなぐプロジェクトの一環。あか牛料理を味わってもらうことで、黒川温泉とあか牛の魅力を伝える。

同温泉では、町内の畜産農家があか牛を旅館で提供する「南小国町産あか牛の地域循環」プロジェクトを展開。同町では、草原の維持・活用、景観保護などあか牛を中心に地域資源を循環させるサイクルが確立されており、プロジェクトはあか牛による地域連携の輪を広げようと取り組みが進められている。

今回の試食会は、観光庁の「誘客多角化等のための滞在コンテンツ造成」の実証事業として実施。温泉街の飲食店「わろく屋」で、南小国あか牛のプロジェクトムービーを視聴し、南小国あか牛と熊本名産のデコポンを煮込んだシチューを味わってもらう。

南小国あか牛のデコポンシチュー

南小国あか牛のデコポンシチュー

参加は要予約。南小国あか牛に関するアンケートと新型コロナウイルス感染症対策に協力することが条件。

時間は18―20時。参加は無料で、定員は10組。 申し込みはhttps://ws.formzu.net/fgen/S50034407/から。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ