楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

白馬岩岳マウンテンリゾート 手ぶらでキャンププラン発売

21/04/27

長野県白馬村の「⽩⾺岩岳マウンテンリゾート」の山頂と中腹に4月29日、アウトドア用品のアルペン(愛知県名古屋市)がコーディネートする2つのキャンプ場がオープンする。

中腹のキャンプサイト

1289メートルの山頂エリア「岩岳グリーンパーク」の一角に、アルペンが販売しているキャンプ用品の展示・体験コーナーを設ける。店舗ではなく、実際のキャンプサイトとなる屋外環境と季節のなかでデイキャンプを体験してもらう。

岩岳グリーンパークにはスキー場斜面一面の芝生エリアに大小のウッドデッキが配置された展望ピクニックラウンジや、WiFiを完備した森のテラス、ドッグランエリアなどがある。

ニューヨーク発の⼈気ベーカリー「THE CITY BAKERY」のほか、今シーズンからキッチンカー「Hakuba Deli STAND」がオープンする。

日帰りデイキャンプはゴンドラ往復乗車券や一部有料施設、飲食などを除いて無料。

昨シーズン開設した中腹のキャンプ場は名称を「アルペンアウトドアーズ プレゼンツ ⽩⾺岩岳マウンテンフィールド」と改め、ドッグラン付きサイトの新設したほか、宿泊者限定の「THE CITY BAKERY」の朝⾷メニューの提供を開始する。

キャンプサイトには⽔場やトイレを完備した屋内ラウンジが隣接し、急な天候の変化でも安⼼して利用できる。

サイト使用料金は平日5000円、ドッグラン付き8000円など。手ぶらプランはテント、シュラフ、テーブルセットなどが付いて平日2人利用で2万円など。

ゴンドラ往復料金のほか、夕食、朝食の追加は別料金で。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ