楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「温泉総選挙2021」部門別年間ランキングを発表 外国人おもてなし部門は大歩危・祖谷温泉郷(徳島)が1位

22/02/21

一般旅行者の投票で全国の温泉地を評価する「温泉総選挙」の2021年度の最終結果が2月17日に確定、部門別年間ランキングが発表された。全体で100万を超える投票を集め、外国人おもてなし部門の大歩危・祖谷温泉郷(徳島県三好市)など9部門で1位が決定した。

温泉総選挙は官民でつくる「旅して日本プロジェクト」の主催で、環境省、内閣府、総務省、経済産業省、観光庁が後援。温泉地の地域活性化を目的に16年に始まった。今年度も新型コロナウイルスの影響でインターネットのみの投票で、投票獲得数で各賞を決定。21年11月1日―22年1月31日に投票を受け付け、昨年度を大きく上回る約100万2千票が集まった。

各部門賞1位は次の通り。

リフレッシュ部門=焼津温泉(静岡県焼津市)▽うる肌部門=美又温泉(島根県浜田市)▽スポーツ・レジャー部門=ひよし温泉(京都府南丹市)▽健康増進部門=竜王ラドン温泉(山梨県甲斐市)▽ファミリー部門=絹島温泉 ベッセルおおちの湯(香川県東かがわ市)▽歴史・文化部門=南紀勝浦温泉(和歌山県那智勝浦町)▽女子旅部門=四万温泉(群馬県中之条町)▽外国人おもてなし部門=沖縄ちゃたん温泉 美浜の湯(沖縄県北谷町)▽絶景部門=みはらしの丘 みたまの湯(山梨県市川三郷町)。

なお、後援する各省庁の賞(環境大臣賞、地方創生担当大臣賞、総務大臣賞、観光庁長官賞)は3月18日の表彰式で発表される。

祖谷のかずら橋

大歩危・祖谷温泉郷の観光スポット、
三好市の「祖谷のかずら橋」

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ