楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

北関東の玄関口は花と「干し芋」が売り 茨城県

20/12/14

茨城県営業戦略部東京渉外局の富田恭輔さんと白田真也さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、特産の「干し芋」や国営ひたち海浜公園など花の名所をアピールした。

古くから保存食や菓子として親しまれている干し芋。茨城県は、生産量が全国シェアの9割近くを占める「日本一」の干し芋県。近年は、健康美容食として若い女性にも人気を集めている。

富田さんは「かつては、カチカチに硬くストーブの上で温めて柔らかくしていただくイメージだったと思います。今の干し芋は、県内の事業者の皆さんが創意工夫してバリエーションが豊かになっています。例えば、この丸干しです」と言って、見せてくれたのが肉厚の丸々とした干し芋。

「このままでも食べることができる干し芋です。独特の食感と甘さが特徴です」。さつまいもも様々な品種が育てられており、ご当地スイーツとして富田さん、白田さんが「茨城に来たらぜひ食べてほしい」と口をそろえて言う一押しの逸品だ。

茨城県へは、神戸空港から直行便が運航している。「関西から北関東の玄関口です。県内では、春に丘一面がネモフィラの花でブルーに染まる国営ひたち海浜公園など、絶景スポットが点在し、サイクルツーリズムもお勧めです」と白田さん。

茨城県のお2人

茨城県のお2人

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ