楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

7月の訪日客数 韓国減少も中国が2割増と好調

日本政府観光局は8月21日、7月の訪日外客数を発表した。

それによると7月は、前年同月比5・6%増の299万1千人で、2018年7月を16万人上回り、7月単月としての過去最高を更新した。

日韓情勢の影響による、韓国からの訪日旅行者の減少や、国内で抗議活動が続く香港からの旅行者が減少したものの、好調な中国市場が訪日客数全体の増加に寄与した。

中国など13地域で過去最高

地域別では、中国が単月として過去最高となったほか、13 市場(シンガポール、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で 、7 月として過去最高を記録した。

中国は19・5%増の105万1千人と、単月として初めて100万人を突破するなど引き続き好調。1月から始まった個人査証の発給要件緩和の効果が大きいと見られる。

韓国は7・6%減の56万2千人。1-7月の累計でも4・3%減と前期を下回っている。日韓情勢に加え、韓中関係の改善による、中国への旅行の回復や、ベトナムの人気といった海外渡航先の多様化もうかがえる。

台湾は0・3%減の 45万9千人と微減。香港は4・4%減の21万7千人だった。

出国者数は6・5%増と好調を維持

7月の出国日本人数は6・5%増の166万人と好調だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ