楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

事業の高収益化へ「学び」と「実践」を やまとごころ、「観光バリューアップ実践会」を立ち上げ

インバウンド事業支援を手がけるやまとごころ(村山慶輔代表取締役)は、中小観光事業経営者・事業責任者向けの会員サービス「観光バリューアップ実践会」を立ち上げた。コロナ禍からの観光復活に向け、中小企業の高収益化を支援していく。

「観光バリューアップ実践会」は、コロナ禍で打撃を受けた観光事業者に対し、事業の高収益化という変革を支援、地域活性化にまでつなげようというもの。主宰を村山代表が務め、マーケティングの方法論や業界内外の事例などを通して学びと実践の場を提供する。

対象は、旅行業や宿泊業などの経営者や事業責任者。毎月の勉強会と会員限定の情報などの支援を行う。

料金やコースはhttps://tourism-valueup.com/から。

6月20日にはサービス開始記念のオンラインセミナーを実施。観光・インバウンドの現況を踏まえ、事業の高付加価値化などについて村山代表が解説する。

時間は17―18時で、ZOOM形式で開催。参加費は無料。URLはhttps://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_jP153LMATEWU96h33IsFcQ

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ