楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ドライブで地方に 国交省北海道局ら、訪日客の周遊調査

19/04/28

国土交通省北海道局・北海道開発局はこのほど、北海道を訪れた外国人観光客のドライブによる周遊の実態を分析した結果を公表した。初めて通年で観光動態分析を実施した2018年版で、ドライブ観光を推進することが地方への誘導に有効なことがあらためて明らかになった。

調査はドライブで北海道を旅する外国人観光客の移動経路などを把握することで、地方部の魅力の発信や誘導につなげようというもの。同局と協定を結んでいるナビタイムジャパンのスマホアプリから得られるGPSデータを使って実施した。

分析の結果からみえてきたのは、ドライブ観光客の“アクティブさ”。来道外国人客の地方部への宿泊割合をみると、来道外国人客全体では26・4%に対し、外国人ドライブ観光客は47・4%。平均旅行日数も来道外国人客全体が3・7日に対し、ドライブ観光客は6・2日となるなど、ドライブ観光客は他の交通手段を使っている来道外国人客に比べ、より広範に地方部を訪れ、滞在期間も長いことがわかった。

ドライブによる目的地は、雪や芝桜、桜、ラベンダーなど季節感を求めるものが多い。国・地域別では、香港やシンガポール、台湾は道南や道東、韓国は札幌、美瑛・富良野が人気という特徴も見えてきた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ