楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

特例措置の延長を 観光業界団体、雇調金維持へ要望

21/05/27

雇用調整助成金の特例措置が6月末までとされていることから、全国旅行業協会(ANTA)や日本旅行業協会(JATA)、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)などが5月18日、自由民主党雇用問題調査会(松野博一会長)で各団体の会員や組合員の経営状況を報告するとともに、特例措置の延長を要請した。

雇用調整助成金は現在、特例措置として中小企業が上限1万5千円で5分の4(解雇なしの観光関連業は10分の10)となっている。特例措置が6月末で終わると、助成率は3分の2まで下がってしまう。

これに対し、旅行会社や旅館ホテルなどは「特例措置で、なんとか雇用が維持できている」「特例がなくなると、観光業界は失業者が続出する」「経営を続けていけない」など悲痛な声が相次ぐ。

そのため、自民党雇用問題調査会に各業界団体が足並みをそろえて措置の延長を要望した。

一方、経済産業省は同日、緊急事態措置またはまん延防止等重点措置の影響緩和に係る「月次支援金」について、旅行関連の事業者で旅行会社も対象に加えた。運輸機関、宿泊事業者など観光関連事業者は広く対象となっている。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ