楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光庁、「地域の稼げる看板商品」創出事業を実施 3月23―25日に全国10カ所で事前説明・相談会

22/03/15

観光庁は、地域の観光商品の創出・販路開拓を支援する「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」を実施する。事業公募を前に、全国10カ所で事前説明会・相談会を3月23―25日に開催。各地の観光関係者に参加を呼びかけている。

同事業は、地域経済を支える観光の本格的な復興の実現に向けて実施するもので、約101億円の予算をかけて実施する。自然や食、歴史・文化・芸術、生業、交通など地域の観光資源を生かし、“稼げる”看板商品の創出に向け、コンテンツ造成から販路開拓にいたるツアー・旅行商品の企画・開発費やモデルツアー実施費、プロモーション費などを支援する。

補助率は500万円まで定額で、500万円を超える額は2分の1。補助上限額は1千万円。

事前説明会・相談会では、公募内容や事業スケジュールの説明のほか、個別相談にも応じる。

日程は3月23日が北海道、東北、北陸信越、24日が北海道、近畿、中国、四国、25日が関東、中部、九州、沖縄。会場によっては現地とオンラインのハイブリッド開催、オンライン開催のみの設定がある。

参加申し込み・詳細はhttps://kanban-soshutsu.comから。申し込みは3月22日12時まで。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ