楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

人あっての旅行業界 観栄会、新年会で親ぼく深める

18/02/16

旅行会社と受入機関でつくる観栄会(吉田瑛会長=濱観光サービス)は1月24日、大阪市中央区のバンチャン551蓬莱で新年会を開催した。

吉田会長は「2030年には労働人口の49%がAI(人工知能)に支配されるという数字が出ている。しかし、人と人がコミュニケーションをとらないと成り立たない業種はその限りではないようだ。我々の会はこれまで以上に人が集まり交流することに重点をおきたい」と話した。

また、仕事をしていく上で直面することに対応できる虫の眼、上空から俯瞰して物事を判断する鳥の眼、潮の流れを観察する魚の眼の3つの眼を持つことが大事であると訴えた…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

北近畿冬のまんぷく紀行兵庫但馬編

新年一発目のトラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部、但馬地方をクローズアップ。前号に続く冬...

北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ