楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

富士山の頂を目指せ サンスターラインが自粛チャレンジ応援

20/04/23

富士山の標高と同じ3776メートルの獲得を目指す「スカイランチャレンジ3776」に、船会社のサンスターライン(野瀬和宏社長)が協力賛同している。運動不足の解消やリフレッシュを目的に、3密(密閉・密集・密接)を避け各自が獲得標高3776メートルを目指すというもの。新型コロナウイルス感染症の拡大防止で外出自粛が続く中、チャレンジの輪を広げようと企画に賛同した。

もともとスカイランは垂直距離や標高差のある山岳を駆け抜けるスピードを競うもので、ヨーロッパアルプスで発祥したとされる。日本でも富士山や御嶽山をフィールドに大会が行われ競技者が増え、近年は超高層ビルやタワーの駆け登りも盛んだという。

スカイランチャレンジ3776は、ハルカススカイラン実行委員会と一般社団法人日本スカイランニング協会(JSA)が共同で4月17日―5月17日に実施。ただ、タイムや走行距離を競うのではなく、各自が他人の迷惑にならず安全に挑戦するフィールドを設定し、富士山の高さに挑戦する。例えば、自宅の階段や近所で散歩する公園などがフィールドとして想定される。

富士山

自粛の中で富士山の頂上を目指そう

参加は、自主申告で写真や動画と併せて「#スカイランチャレンジ3776」とつけて標高をアップ。3776メートルをクリアした際に「#制覇」のハッシュタグを併せてSNSに投稿するというもの。無料で参加できる。

サンスターラインでは「この非常事態をみんなが協力して外出を控え、テレワークで頑張り、終息に向かうようにこの自粛応援チャレンジ企画の輪を広げていけるよう応援したい」としている。

スカイチャレンジ3776のウェブサイトはhttp://japan-verticalrun.jp/3776/

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ