楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「しまかぜ」が連覇、2位に「四国まんなか」初登場 阪急交通社の観光列車検索ランキング

18/09/21

阪急交通社は9月14日、自社サイトでの検索における観光列車名のキーワードランキングを発表した。1位は2年連続で近鉄の「しまかぜ」だった。

1位の「しまかぜ」は大阪・京都・名古屋と伊勢志摩を結ぶ。上質なシートと車窓風景、和室やサロン席など多彩なスタイルが人気を集める。2位はJR四国「四国まんなか千年ものがたり」が初登場。多度津―大歩危という四国の中央を走り、食と風景で四国の風土を伝える。

3位にはJR西日本「SLやまぐち号」、4位には大井川鐵道「トーマス号」、5位には10位にJR九州「ゆふいんの森」がそれぞれ前年より順位を上げて上位にランク。

6位はJR四国「伊予灘ものがたり」、7位はJR西日本・IRいしかわ鉄道「花嫁のれん」、8位はJR九州「或る列車」が前年より順位を下げたものの、今年もトップ10入り。

9位は子どもの定番、JR四国の「アンパンマン列車」が初のランクイン。10位は肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」だった。全体的に四国、九州の列車の人気が目立った。

ランキングは2017年8月―18年7月の検索数合計から算出した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ