楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

会員の集客力に期待 高知県、OATA20人招き現地視察ツアー

18/11/02

協同組合大阪府旅行業協会(OATA)の会員20人が9月3―4日の2日間、公益財団法人高知県観光コンベンション協会の招きで県東部を視察した。小学校跡地を水族館にリニューアルし話題の「むろと廃校水族館」などを見て回った。

高知県がOATA会員を招いてツアーを実施するのは昨年に続いて2回目。OATA会員の集客力、コンベンション協会が設定した助成金を使った商品開発力を評価したものだ。

高知市の龍馬の宿南水で開いた意見交換で、コンベンション協会の三浦謙一専務理事は、2019年2月からスタートさせる自然体験型の新しい観光キャンペーンを紹介し「高知県観光は新しい時代に突入する」と宣言。OATA会員にさらなる協力を呼びかけた。

徳原理事長は「大河ドラマ『龍馬伝』放映後、400万人の観光客を維持している高知県は並々ならぬ努力をしている。今回の視察を生かし、1人でも多くのお客様を送客することで、その思いに応えたい」とした。

台風21号の直撃で予定を大幅に繰り上げる行程だったものの、参加したOATA会員は「予定していた施設に立ち寄れなかったのは残念だが、貴重な情報を知ることができた。お客様にお伝えし高知県へのツアーを造成したい」と話していた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ