楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本産農産物を直販 JTB、関空に「ジェイズアグリマーケット」オープン

18/11/30

JTB(髙橋広行社長)は12月3日、大阪府泉佐野市の関西国際空港第1ターミナル・国際線ゲートエリア内に、日本産農産物を販売する店舗「ジェイズアグリマーケット」をオープンする。

国際線の出国審査後のエリアに開設する店舗で、訪日外国人客に人気があるイチゴやブドウ、ミカンなど旬の果物を中心に取り扱う。

JTBでは2017年9月に越境EC(電子商取引)サイト「ジェイズアグリ」を開設し日本産農作物の海外直販を行ってきた。

オープンする販売店舗では、日本出国の7日前までにサイトで購入した検疫済みの商品を受け取ることができ、海外への輸送コストがかからずに済む。さらに訪日外国人にとっては、日本国内滞在中、手ぶらで観光できるメリットもある。

ジェイズアグリマーケットは、8時30分から19時30分に営業する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ