楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「自分を“洗濯”できるホテル」に ホテル南水、今年秋にリブランド再オープン/高知

24/05/21

ホテル南水(高知市)が今年秋、リブランドして再オープンする。「hotel nansui」としてラグジュアリーホテル化。「日常では味わえない、充実した時を通して自分を“洗濯”できるホテル」を宿泊体験のコンセプトに、これまで培ってきた歴史を受け継ぎながら新しいスタイルで高知での宿泊を提供する。

同館は坂本龍馬屋敷の跡地にあり、高知市観光に至便な地に立地。50年以上の歴史を持つが、このほど港屋マネジメントが経営を受け継ぎ、リブランドすることになった。

坂本龍馬の人となりとして「marginal(境界)」をグランドコンセプトとしてリノベーション。固定観念にとらわれない新しいホテル空間と体験を提供し続けることを掲げる。「自分を“洗濯”できるホテル」という宿泊コンセプトは、龍馬生誕の地で観光を楽しむだけでなく龍馬の姿に想いを馳せ、新しい旅や自分を発見するという新しい宿泊を提案しようというものだ。

施設デザインは、高知の自然素材や技術・工法を採用。アートミュージアムのような滞在体験型ホテル空間への転換を図る。

hotel nansui

ラグジュアリーホテルに一新

建物は鉄筋コンクリート造地上7階建て、客室数は33室。ギャラリーやレストラン、ロビーラウンジ、ライブラリー、セルフバー、屋上テラスを備える。スタンダードルームは32室で、広さ37平方メートル。オールインクルーシブでサービスを提供する。スイートルームは1室。プライベートサウナを併設する。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ