楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

乗車が目的になる-水戸岡さんデザイン クラツー、新型高級バス投入

19/02/21

クラブツーリズムは1月10日、水戸岡鋭治さんデザインの新型高級バス「CLUB TOURISM FIRST(クラブツーリズム・フアースト)」を首都圏発のバスツアーに投入した。

ロイヤルレッドと黒のボディに、内装には木材を多用したクラシカルなサロン空間に仕上げた。座席は横3席、縦6列の全18席で、前後左右にゆとりのあるゆったり設計。後部には車内でカフェを楽しめるバーカウンターを配置した。

クラブツーリズム・フアースト

バス前に立つ水戸岡さん

ひときわ目を引くのが宮大工の手による格天井とウォルナット材を使った寄木の床。「古今東西のデザインを曼荼羅のように網羅した」(水戸岡さん)という自信の仕上がりになっている。

クラブツーリズムでは「乗ることそのものが目的となるような、世界に一台のバスができた。お客様に新たな価値を提供していきたい」と意気込む。東京、横浜発着を中心に、日帰りから高級ホテルの宿泊をセットにした1―10日間ほどのバスツアーを月10―15本ほど催行する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ