楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:京都市観光協会 4月の外国人宿泊数は99・7%減

20/06/05

京都市観光協会は5月28日、主要56ホテルの4月の外国人宿泊数が前年比99・7%減の1054人泊だったと発表した。3月の89・5%減を上回る減少幅で、「外国人観光客を見かけることがほとんどなくなるという、異様な状態が続いている」と、京都市内の状況を表現している。

4月は、コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言で、県境間の移動が自粛されたことで、日本人宿泊客数も89・7%減とかつてない減少を記録した。3月は、まだ一定の国内宿泊需要が残っていて、前年に比べ45・5%減と半減の状況だった。

日本人と外国人を併せた4月の総宿泊客数は、前年比で95・7%減だった。

4月以降の状況についいては、5月21日に京都府の緊急事態宣言が解除され、市内の観光施設や社寺、宿泊施設が営業を再開している。

6月19日以降は、県境移動の解禁が予定されていることから、「コロナウイルスの感染拡大は予断を許さないが、4月が底となり徐々に京都の観光需要が回復することに期待したい」としている。

以前の京都・嵐山

 

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ