楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

阪急交通社、18年度決算は増収減益 70周年記念商品が好調

19/05/27

阪急交通社は5月15日、グループの2018年度連結決算を発表した。営業収益は前年度比4・4%増の355億2800万円、営業利益は同14・2%減の17億6400万円だった。

グループは、阪急交通社と阪急阪神ビジネストラベル、阪急トラベルサポート、阪神トラベル・インターナショナルの4社。

海外旅行はヨーロッパやエジプト、トルコ、アジアが好調。なかでも香港・マカオの伸長が目立った。国内旅行は自然災害の影響を受けたが、被災各地での「ふっこう割」で回復を図った。北陸・甲信越や近畿、九州は、創業70周年記念商品やバスツアーを強化し好調だった。訪日旅行はヨーロッパ市場へ注力するなどして堅調だった。

19年度は、海外旅行ではヨーロッパを中心にチャーターツアーを強化。国内旅行では北海道や中国、四国が順調な回復を見込む。海外・国内旅行はウェブやテレビCM、テレビ通販の展開で個人型旅行やクルーズなどのテーマ旅行商品の強化を図る。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ