楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

三陸鉄道・JR東日本盛岡支社ら、レトロ×お座敷車両使った「ぐるっと三陸周遊号」旅行商品を発売

19/08/13

三陸鉄道、IGR いわて銀河鉄道、青い森鉄道、JR東日本盛岡
支社は9月14日、三陸沿岸エリアへの継続した送客を目的に三陸鉄道レトロ車両×お座敷車両を使用した旅行商品専用の団体臨時列車「ぐるっと三陸周遊号」を運行する。また、「ぐるっと三陸周遊号」旅行商品の発売を13日から開始した。残暑残る初秋の三陸の旅を届ける。

三陸鉄道「レトロ車両」

三陸鉄道「レトロ車両」

「ぐるっと三陸周遊号」旅行商品内容

ぐるっと三陸周遊号の旅行商品は、出発日が9月14日の1泊2日の旅。発着は東京駅。定員は各コース24人(最少催行人員18人、添乗員同行)。申込み、問い合わせは、びゅうトラベルサービス「日本の旅、鉄道の旅」サイト(https://www.jrview-travel.com/)まで。

「ぐるっと三陸周遊号」旅行商品のおすすめポイント

① 三陸鉄道レトロ車両×お座敷車両が JR 山田線・三陸鉄道リアス線・JR 八戸線・青い森鉄道線・IGR いわて銀河鉄道線をぐるっと運行。
② ホタテの貝殻を使用した記念乗車証を配布。
③ 9月 15 日は、いわてまるごとおもてなし隊「サクラ凛」が旬な沿線情報を紹介。
④ 三陸鉄道線内では「さんてつサイダー」・「クロジカせんべい」を提供。また、その他にも沿線の食べ物・飲み物を試食・試飲できる。

旅行商品詳細

「ぐるっと三陸周遊号」コース詳細

「ぐるっと三陸周遊号」コース詳細

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ