楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ジェイアイ、18年度は海外旅行保険契約者27人に1人に補償

19/08/17

ジェイアイ傷害火災保険(東京都中央区)はこのほど、2018年度の海外旅行保険契約者の事故発生状況をまとめた。

18年度の事故発生率は、3・70%で、27 人に1 人の割合だった。前年度の3・42%、29人に1人より増えた。

補償項目別では、ケガや病気の治療費用、医療搬送費用を補償する「治療・救援費用」が約半数を占め最も多く、手荷物の盗難・破損を補償する「携行品損害」、事故での出費を補償する「旅行事故緊急費用」が続いている。

旅行先エリア別では、ヨーロッパやアフリカでは「携行品損害」、北米、アジア、オセアニアでは「治療・救援費用」の割合が多かった。ヨーロッパと中南米では、「旅行事故緊急費用」が目立つなど、地域により事故の状況は大きく異なっている。

保険金支払の最高額は3052万円

「治療・救援費用」の保険金支払いが300万円以上の高額医療費用事故は、世界各地で発生しており、特に欧米で多くなっている。

治療・救援費用の保険金支払の最高額は3052万円だった。

このケースを含む高額上位の5つは、

〇ホテルの部屋で意識を失い救急車で搬送。心筋梗塞と診断され19 日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送〈ハワイ〉3052万円

〇クルーズ船内で意識を失いヘリコプターで搬送。肺炎と診断され13 日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送〈ノルウェー〉3019万円

〇風邪の症状で受診。その数日後、全身の痛みのため救急車で搬送。敗血症性ショックと診断され19 日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送〈香港〉2617万円

〇買い物中に気を失い救急車で搬送。心筋梗塞と診断され11 日間入院・手術。家族が駆けつける〈ハワイ〉2177万円

〇カフェで倒れ救急車で搬送。心筋梗塞と診断され19 日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送〈グアム〉2096万円

65歳以上の高額医療費用発生率は、65歳未満の4倍

年齢層別では、65 歳以上のシニア層の割合は約4割、高額医療費用事故発生率は、前年度と同様に65 歳未満のおよそ4倍だった。

最も多かったのは脳疾患で、その他では、転倒によるケガ、心疾患、肺疾患、胃腸系の疾患などがあった。

同社はJTBとAIGの合弁会社。海外旅行中の事故予防策をまとめた情報ツール、「みんな安心BOOK」をウェブサイトで提供している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ