楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

トラベル懇話会 総会で再任の原会長「自由闊達な議論」を

19/09/04

トラベル懇話会は9月4日、東京で第41期の通常総会と理事会、懇親会を開催し、次年度(2019年7月~2020年6月)の事業計画や役員体制を承認した。

懇親会では、会長に再任された風の旅行社代表取締役社長の原優二氏が冒頭、香港や韓国の現状や台風による計画運休などを念頭に「我々の産業は社会のなかの様々なリスクを背負わざるを得ない」とし、「知恵を絞ってやっていかないとなかなか乗り切っていけない」状況であると指摘。

一方、出国者数2000万人の目標達成の兆しについては、旅行会社離れの問題もあり「手放しには喜べない」としつつも明るいニュースと歓迎。そのうえで、「会員の皆様の自由闊達な議論と懇話」や提言などを通して、「海外旅行や観光市場を盛り上げていきたい」と意欲を語った。

また、来賓として登壇した観光庁審議官の加藤進氏は、原氏が言及した外的リスクの存在は認めつつも、出国者、訪日外客数が増加基調で、そして国際観光市場全体も拡大が予測されているとし、「それをいかに我が国の成長に結びつけていくのか、あるいは地域の活性化につなげていくのかが大きな課題」と挨拶。そして、それらの課題解決に取り組むことで「観光産業全体が日本の中核産業、基幹産業になっていく。そういったことに我々もしっかりと取り組んでいきたい」と強調した。

さらに、日本旅行業協会(JATA)理事長の志村格氏も、加藤氏の挨拶を受けて、地震などの被災地を観光で支援する取り組みが進められるなど「観光が重要な産業になってきている」と分析。さらに、中国の習近平主席がG20の来日時に相互交流人口の目標値として1500万人を掲げるなど、外交の一翼も担っていると紹介。そして、羽田の国際線網が拡大することも大きなチャンスであるとし、成長を実現するためにトラベル懇話会からも「ご意見をいただければ」と語った。

なお、事業計画では会員の増加に取り組むことを明記。正会員の数は8月31日現在で126名だが、年度末には140名へと増やす目標を掲げる。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ