楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

阪急交通社 7月の取扱額は6・4%増の266億円

19/09/18

阪急交通社と阪急阪神ビジネストラベル、阪神トラベル・インターナショナルの3社による7月の旅行取扱概況で、海外、国内、外国人旅行の3部門を合計した総取扱額は前年比4.6%増の302億5749万円となった。海外旅行が5.2%増の203億7624万円、国内旅行が2.6%増の96億6131万円、外国人旅行が64.8%増の2億1994万円とすべて前年を上回った。

阪急交通社では、主力の海外旅行が7.7%増の168億5388万円と好調で、国内旅行も3.1%増の94億9046万円、外国人旅行は98.1%増の2億1517万円と倍増し、合計は6.4%増の265億5951万円となった。海外旅行では欧州、台湾、ハワイが好調で、国内旅行は各方面が堅調に推移したが特に東北、北陸・甲信越、近畿、四国、九州が好調だった。外国人旅行は欧米豪が前年を大きく上回った。

一方、阪急阪神ビジネストラベルは、海外が8.9%減の34億8283万円、国内が21.5%減の2億7255万円、外国人が80.8%減の476万円、合計も10.3%減の37億6014万円と苦戦した。海外は中国、ベトナム、タイ、香港が前年を上回ったものの、前年にインドへの「特需」があった反動もあったという。国内は出張、団体ともに苦戦した。

阪神トラベル・インターナショナルは海外が24.2%増の3億1433万円、国内が29.2%減の472万円、合計が22.8%増の3億1904万円となった。外国人旅行は扱っていない。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ