楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

HIS 創業40周年機にコーポレートロゴを一新

19/11/02

エイチ・アイ・エス(HIS)は11月1日、ロゴをリニューアルした。HISのロゴ刷新は10年ぶり。これまでは「H.I.S.」のアルファベット3文字とピリオドを斜体で並べたものだったが、新しいロゴではピリオドを使用せず、HとIのみ斜体として3文字それぞれを青い平行四辺形と丸形で囲んで白抜きの文字を配した。

右が新しいロゴ

発表文によると、「自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する」の企業理念をに合わせて、「“挑戦者”であるというアイデンティティを、この先もずっと持ち続けたい」「多角化しているグループ全体の指針となる“未来の旗印“をつくりたい」との意図から刷新を決めたという。

また、今回のデザインについては、四角と丸というシンプルな要素を利用することで、文字を取り除いたシルエットだけでもHISの存在を伝えられるユニバーサルデザインをめざしたという。シルエットを利用したデザインは今後、世界展開を進めるなかで積極的に利用していく考えだ。

このほか、青色は「HIS Connected Blue」と名付け、3つの図形はすべて異なる形状とすることで「型破り・枠を飛び出すHISのスタンスを象徴」した。また、「角のある世界をまるくする」ことから世界平和の理念を表し、また図形の角度は「前のめりな姿勢、HISの前進する力」を表現した。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ