楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「和装旅」の提案

21/05/25

奈良県桜井市の長谷寺で先日、桜を愛で、着物に身を包んで境内の多くの文化財に触れるユニークなツアーに参加した。男性の参加者が多かったのだが、ほとんどの人がこれまで着たことのない着物にすっかりはまり、和装に雪駄のいで立ちで境内を散策する心地よさに魅了された。腰痛持ちの筆者にとってはキリッと腰に巻いた帯がコルセットの役目を果たし、歩き回っていても苦にならない、という発見もあった。

後日、このツアー企画者から「今度は奈良公園内にある奈良国立博物館併設の庭園で支度し、着物姿で奈良公園周辺を散策なさいませんか」との案内をもらって、着物にはまった男数人で出かけ、それぞれ着物を買うまでに至った。

なぜ、ここまで着物に魅了されたのか。まず、着物を着て歩くと、まちなかの建物や景色の見え方が変わる。食べ物も美味しくいただける感じがする。きっと普段より背筋が伸びるからだろう。そして、何よりも日本文化の象徴と言われる着物に身を包むという異日常な時間に身を委ねる行為が心地いいのだと思う。

今回の着物体験を通して思ったことは、和装と旅の親和性の高さだ。異日常を身にまとい、異日常な空間を楽しむ。凛として地域文化に浸り切る新たな体験ツアー造成を呼びかけたい。

(トラベルニュースat 21年5月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ