楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB、19年度上半期は増収増益 GW10連休やラグビーワールドカップも追い風

19/11/19

JTBグループの、2019年4―9月期の連結業績が発表された。売上高は前年同期比0・4%増の6860億3900万円、営業利益は同68・7%増の64億2200万円、経常利益は同59・6%増の68億6900万円、純利益は43億5300万円だった。ゴールデンウイーク10連休やラグビーワールドカップ日本大会といった大きなトピックがあったことなどから、微増ながら全体として売上高アップにつながった。

個人事業は、GW10連休効果はあったものの、来店客数が想定通りに伸びず、売上高は前年並みに。営業利益の増加は推し進めている改革効果が徐々に出てきたことが要因という。国内旅行は関東や沖縄方面の企画商品が伸び悩み、宿泊商品が低調。海外旅行は欧州方面の堅調さが目立った。

法人事業は売上高が増加したが、重点投資領域の事業開発への投資もあり、わずかに減益に。国内旅行は、日本の旬「国立公園」で団体宿泊販売が拡大した。海外旅行はハワイや欧州などが堅調。ラグビーワールドカップ日本大会の公式観戦パッケージツアーも好調だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ