楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本旅行業協会 新会長に坂巻副会長(東武トップツアーズ)

20/06/22

日本旅行業協会(JATA)は6月22日、東京・霞が関の全日通ビル会議室で2020年度総会を開いた。

任期満了に伴う役員改選で3期6年務めた田川博己会長(JTB代表取締役会長)が退任し、新会長に坂巻伸昭副会長(東武トップツアーズ代表取締役)が就任した。

坂巻新会長

菊間潤吾副会長(ワールド航空サービス代表取締役会長)と堀坂明弘副会長(日本旅行代表取締役社長)が留任し、新たに高橋広行JTB代表取締役社長が副会長に就いた。

坂巻新会長は1959年生まれの61歳。武蔵大学卒業後、東武鉄道に入社。2015年から東武トップツアーズ代表取締役。

坂巻新会長はあいさつで、「旅行業はかつて経験したことない厳しい局面にさらされています。このようなときこそ、JATA設立の原点に立ち返り、会員のためなにができるかを常に意識し、協会運営に取り組みたい。私は旅行業の原点は人だと思っています。原点である人にしっかり対面していきます。人とはJATA会員のみなさんであり、所属する会社の従業員であり、お客さまです。また、大切なパートナーである旅館ホテル、観光施設、運輸機関、タッグを組む観光庁や地方自治体、地域の人たちに、しっかりと向き合う業界運営に力を尽くしたい。ともに歩む協調、ともにつくる共創の2つをテーマに難局を乗り越えたい。会員の力が必要です」などと話した。

退任する田川会長は、「(コロナによる外出自粛要請で)3カ月の在宅勤務で、人は一人では生きていけないことを確認しました。喜怒哀楽のなかで人は成長するんだと。そして、この価値観を最も多く提供しているのが旅行業界です。交流の力、旅の力のすごさを再認識しました。自信を持っていきましょう」と、旅行の再興に向け決意を示した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ