楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go To全国展開でJR、JTBもCP 10月1日に号砲

20/10/11

10月に入り、国内旅行の反転攻勢ムードが高まってきた。Go Toトラベルの全国展開とともに、JRグループらによるデスティネーションキャンペーン(DC)、JTBの日本の旬が相次いでスタートした。

DCは「せとうち広島デスティネーションキャンペーン『ミタイケンひろしま』」を10月1日―12月31日に広島県全域を中心に展開している。広島港と三原港の間に観光型高速クルーザー「SEA SPICA」、広島―尾道―宮島口間に観光列車「etSETOra」がデビューするなど、まだ知られていないせとうち広島の魅力をアピールする。

日本の旬は、JTBが国内旅行活性化を目的に半年ごとに展開するキャンペーン。今回の舞台は九州で、地域観光素材を磨き上げたオリジナルプランで、九州が持つ奥深い魅力を伝えていく。2021年3月末まで。

「アイランドホッピング」ではオリエンタルエアブリッジと連携。五島列島・対馬・屋久島・奄美大島を専用機で結ぶ。糸島や阿蘇、ハウステンボスでは2階建てオープンバスを運行する。

団体旅行では、観光列車のチャータープラン、熊本では被災の現状・復興を学ぶプランなどを設定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ