楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

年末年始の旅は「ニューノーマル時代の安近短」 JTBが調査

20/12/11

JTBは、年末年始(12月23日―2021年1月3日)に宿泊旅行で出かける人の意識調査をまとめた。新型コロナウイルス感染防止への意識の高まりで、従来の「安近短」ではなく、「安心安全」「近場」「近しい関係・短期間」の「ニューノーマル時代の安近短」がこの年末年始のトレンドのようだ。

年末年始の国内旅行動向予測は、旅行日数は「1泊2日」が30・8%が最多。次位は「2泊3日」が25・2%だが前年より2・5ポイント減少し、短縮化傾向にある。

旅行先は「関東」が21・6%でトップだが、前年より3ポイント減少するなど都市圏は伸び悩んでいるよう。近畿、東海、九州と続き、いずれも前年より伸びている。

同行者は「家族づれ」61・6%がトップ。前年より3・6ポイント減少した。「ひとり」が20・7%で前年より3・7ポイント増加するなど、できるだけ少人数で動く傾向にあるようだ。

1人あたりの旅行費用は「1万円―2万円未満」23・3%に続き、「1万円未満(21.5%)」が前年より4・8ポイント増加した21.5%で続く。3万円以上が減少しており、費用は控えめに。

利用交通機関は最多の乗用車が増え、新幹線や高速・長距離バスははっきりと減少。利用宿泊施設は「旅館・ホテル・民宿・ペンション」が増加した反面、「夫や妻の実家」が減少。感染防止から実家を避ける傾向もみられる。

いずれの結果からも、旅行に出る際は感染防止を優先するという意識が見てとれる。

ご近所旅行

やっぱり近所への旅行が人気

旅行における新型コロナ感染防止への配慮は「コロナ禍の旅行で特別に考慮すること」についてのアンケート結果からも。「家族・親族や親しい友人以外には会わない」「公共交通機関を使わずに自家用車やレンタカーを使う」「少人数の旅行にとどめる」「人が多数移動する時間を避ける」「感染者数が増加傾向の地域は避ける」などの対策が高い回答率に。旅先も、旅先と居住地が同じ地方の比率が高く、「マイクロツーリズム」を意識した旅の浸透がうかがえる。

また、年末年始に出かける場所として気になるのは「買い出しが楽しめる場所」が最多で、「話題の商業施設やアウトレットモールなど」も上位になるなど、例年と異なりショッピングが優先のようだ。

JTBの宿泊・国内企画商品の予約状況からは、Go Toトラベル効果で好調だったが、コロナ再拡大で12月7日時点では前年を10%下回っている。1月4日以降は前年並みで、旅行先としては、やはり近隣エリアが人気。三密を回避したサービスを提供する高価格帯の小規模旅館や、海や湖、山岳地域にあるリゾートホテルが好調のようだ。都市部は全国的に回復が遅れているという。

調査は11月17―19日、全国の15―79歳の男女を対象にネットアンケートで実施。本調査回答数は1697。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山代編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山代温泉の魅力にスポット。未だ制...

三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ