楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

99.9%減から逆転のシナリオとは/7月23日に日本インバウンドサミット

「日本インバウンドサミット2020」と題したオンラインサミットが7月23日14時から行われる。訪日外国人客数が今年4月から3カ月連続で前年同月比99.9%減となる中、日本のインバウンド観光逆転のシナリオについて星野リゾートの星野佳路社長らインバウンド観光のキーマンが意見を交わす。すでに参加申し込み者数は1300人を超えており、主催者側では当日2千人規模の参加を見込んでいる。

サミットは、訪日観光メディア最大手のMATCHA(青木優社長)が主催。日本政府観光局(JNTO)や内閣府知的財産戦略推進事務局、ジャパンショッピングツーリズム協会、やまとごころが後援し、メディアパートナーとして月刊事業構想が名を連ねる。

星野社長の基調講演に続き、まちづくり観光研究所の主席研究員で観光カリスマの山田桂一郎さん、青木社長らによるパネルディスカッションを行う。さらに47都道府県の観光キーマンを交えたトークセッション、宿泊産業や情報発信などの分野でインバウンドをけん引してきたリーダーが世界基準のデジタル観光マーケティングや持続可能なグリーンツーリズムについて話し合う。17時まで。

サミットはZoomおよびYouTubeを使用する。詳細、申し込みはhttp://inbound-summit.com/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ