楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍の新しい旅行 ウイニングトラベルサービス・常田社長、直案会定例会で講演(2)

21/01/12

常田さんのウイニングトラベルサービスは今、同じ京都市内で営業するアルファトラベル(森野茂社長)とチェルカトラベル(井上雪子社長)の3社で20年5月から、「京都の今」を伝えるオンラインツアーを実施している。

インバウンドが来なくなった京都。それはそれでたいへんなのだが、観光客でごった返していた清水寺や三寧坂、平安神宮は本来の落ち着いたたたずまいに戻った。こんな京都のまちはコロナ禍の今しかない。そこで「京都の今」を撮影。「フェイスブックで配信したところ、当初は10人ぐらいだったのが今は1千人を超える方に見てもらえるようになりました」。

「京都の今」はさらに広がりを見せている。「旅行会社やバス会社、バスガイドらは今ほとんど仕事がないため、京都の情報発信や撮影の協力を得ています」。その中から副産物も少なからず生まれている。

「京都への修学旅行の中止が相次ぐなか、修学旅行へ行けない学校からオリジナルの修学旅行DVDを作成してほしいとか、旅行に出かけられない老人クラブから紅葉の嵐山などオリジナルツアーの依頼が来るようになりました」という。オンラインツアーは利益が出る事業になりつつあると常田さんは伝えた。

(前の記事)コロナ禍の新しい旅行 ウイニングトラベルサービス・常田社長、直案会定例会で講演(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ