楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ前の前々年比で94・5%減、依然厳しく KNT―CT、5月の旅行取扱

21/07/15

KNT―CTホールディングスの5月の旅行取扱総額は前年比358・2%増の27億6800万円だった。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛が進んだ前年からは大幅増となったが、コロナ前の前々年比では94・5%減と厳しい状況が続いている。

国内旅行は同789・9%増の18億5600万円で、前々年比では94・2%減。団体旅行が前々年比88・8%減、学生団体はコロナ再拡大で延期の動きがあり前々年比92・8%減。国内団体旅行全体では前々年比91・7%減となった。企画旅行は緊急事態宣言などもあり前々年比96・9%減に。個人旅行は前々年比88・9%減だった。

海外旅行は同44・3%増の1億8千万円だが、前々年比では98・8%減。団体旅行は一般、学生ともに上昇機運に乏しく同94・8%減、企画旅行もほぼ取扱がない状態が続いている。

外国人旅行は前々年比95・6%減の9300万円。

なお、取扱額は近畿日本ツーリスト北海道、近畿日本ツーリスト東北、近畿日本ツーリスト関東、近畿日本ツーリスト首都圏、近畿日本ツーリスト中部、近畿日本ツーリスト関西、近畿日本ツーリスト中国四国、近畿日本ツーリスト九州、近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、KNT―CTグローバルトラベル、KNT―CTウエブトラベル、クラブツーリズム、ユナイテッドツアーズ、KNT商事の合算。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ