楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

バス運転手になろう 東京の就活イベントに330人参加(2) 女性運転手3人がトークセッション

乗務体験を披露

同じくセミナー会場では3社の女性バス運転手によるトークセッションが行われた。1人は路線バス、1人は成田空港内のランプバス(飛行場内のバス)、1人は路線バスと観光バスに従事している。3人とも車の運転が好きという共通点はあるものの、バス会社を就職先に選んだ動機や環境は異なる。

「子どもが小学生になったのを機に、正社員になれる転職を考えました。大型2種は会社の制度で取りました」「それほど昔ではありませんが、まだ女性が運転手になれるわけないと思われていた。会社では初めての大型バスの女性運転手でした」。

どらなびEXPO2019秋

女性バス運転手3人によるトークセッション

やりがいも就職の大きな動機だ。「命を預かる責任感から、初めて乗車したときは、クラッチを踏む足が震えました」「お客様から、女性の運転手さんでよかった、優しい運転をありがとうと言われて嬉しかった」「感謝やお褒めの言葉をいただくのは嬉しいですが、お客様が笑顔でバスを降りていくのを見ると、よかったと思います」。

バス会社もずいぶんと、女性が働きやすく変わってきているという。「今では女性専用の待機所もあり、職場環境はずいぶんよくなりました」「小さい子どもがいる人もいますが、勤務シフトを工夫することで、対応できています」などと紹介していた。

同イベントは春と秋に東京、大阪、名古屋の3会場で行われている。10月12日に予定されていた名古屋会場は、台風19号の影響で延期され、2020年2月8日に開かれる。

(トラベルニュースat 19年11月25日号)

(前の記事)バス運転手になろう 東京の就活イベントに330人参加(1) 全国87社がバス事業の意義強調

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ