楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光庁 洞爺湖温泉で職員5人にワーケーション体験、モデル事業立案に向け

20/10/15

働き方改革にもつながる「新しい旅のスタイル」の普及に取り組もうと、観光庁は10月15、16日の2日間、職員5人をワーケーション体験のため北海道の洞爺湖温泉に派遣した。

洞爺湖。余暇にも仕事にも

北海道庁との連携するなかで、ワーケーションに関心の強い洞爺湖温泉が選ばれた。リゾートや温泉地で余暇とテレワークを両立させるワーケーションや、出張の滞在を延長し余暇を楽しむ「ブレジャー」、サテライトオフィスとしてのリゾート施設活用の可能性などについて、受入側の自治体や民間企業と意見交換する。

また、2日目の16日は実際に観光庁職員が宿泊施設で仕事をするワーケーションを体験する。

観光庁ではワーケーションなどの受け入れ地域と、送り手となる民間企業、それらを旅行会社がマッチングしたり旅行商品として提供するモデル事業を2021年度予算として要求している。今回の職員の派遣を事業の企画立案に役立てることにしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ