楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅のサブスク「HafH」 3泊で2980円プラン、8月だけの特価 

21/08/04

会員制で定額宿泊サービスを提供する「HafH」(ハフ)は、8月1日から1カ月に3泊まで利用できる新たな「スタンダード」プランを発売した。新発売を記念し、通常の月額料金9800円を、8月限定で2980円で販売している。

8月だけの特別価格

ハフは宿泊のサブスクリプション型サービス。1カ月に利用できる上限がそれぞれ1泊のライト2980円、5泊までのスタンダードプラス1万5800円、10泊までのプレミアム3万800円、泊数に上限のないプレミアムプラス8万2000円の5つのプランがある。

登録するとそれぞれのカテゴリーに応じて独自の「ハフコイン」が付与され、コインの残高まで宿泊利用できる。

例えばスタンダードプランには200コインが付与され、グレードや個室、ドミトリーなどの違などから、同様にコインで値付けされている宿泊施設を利用することになる。

宿泊料金はドミトリーに多い50コインから1000コインを超える高級ホテルまで幅広い。使わなかったコインは翌月に持ち越せる。コインを貯めて高額ホテルを利用することができる。

現在の契約宿泊施設はホテル、旅館、ゲストハウスなど国内649軒、海外238軒。登録会員は2万人を超えた。

ハフでは旅を日常にすることや、定住しないライフスタイルや複数拠点の生活、場所に捉われない働き方をしたい人にサービスの利用を呼びかけている。

また、宿泊利用は平日が多いことなどを特徴にあげ、ホテル旅館の登録拡大に取り組んでいる。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ