楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

前々年比で71・5%減、旅行控えまだ続き KNT―CT、10月の旅行取扱

21/12/17

KNT―CTホールディングスの10月の旅行取扱総額は前年比14・7%減の131億8100万円だった。コロナ前の前々年比では71・5%減。コロナ禍の影響が続き、この時点ではまだ国内旅行需要も一気には戻っていない。

国内旅行は同23・4%減の111億2600万円で、前々年比では58・7%減。一般団体は前々年比86・8%減だったが、学生団体は緊急事態宣言発出が解除され前々年比14・8%減まで回復した。国内団体旅行全体では前々年比41・0%減となった。企画旅行は旅行控えが続き前々年比69・5%減に。個人旅行合計は前々年比69・3%減だった。

海外旅行は同23・7%増の1億4900万円、前々年比では99・1%減。団体旅行は一般、学生ともに旅行中止が続き前々年比99・1%減、企画旅行もほぼ取扱がない状態が続いている。

外国人旅行は前々年比96・3%減の7500万円。

なお、取扱額は近畿日本ツーリスト、近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、クラブツーリズム、ユナイテッドツアーズ、KNT商事の合算。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ